■このブログについて■
ココはKAT-TUN&関ジャニ∞が大好き♡なサチコの息抜きの場所です。 
仁クンとたっちょんが大好きすぎて、少し…いやカナリ危ない年齢的には大人です(笑)
最近はKAT-TUNの某Aさんの自由すぎる決断に浮き沈みを繰り返している次第ですが(苦笑;
基本いい男には目がない雑食なので、いつ、何処で、誰に萌えているか分かりません。
日々ポジティブ&ハイテンションをモットーに書き綴っていますので、どうぞヨロシクです★
(ただ今管理人就職活動中につきゆる~く更新中です)

こんなダメサチコですが是非②仲良くしてくださいパイ…(うるうる;;
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24時間テレビ…徳さんよりも泣きました。苦笑
1日目は全てのコーナーで涙を流し2日目は目が開かなくて非常に困った!笑


聖の絆…
「聖っち」との呼び名に号泣。
聖には人を優しく包み込む柔らかーい空気があると思う。
聖の後押し、そして聖との絆があったからこそ捷冶君は聖との練習の後もチャレンジを
続けれたんだよね。

聖の潜水…今日のザ・ワイドで密着してたけどやっぱり凄く不安があったんだね。
仁クンも「凄いですよね、あいつ…」って。
「本人の前で言ってやれよ!!」って思ったけど(笑)、そんなところが
仁クンらしいなとも思ったり…笑
きっと聖が思っている以上にこの潜水でメンバーに与えた感動は大きかったと思うよ?
そしてお茶の間の視聴者の方にも…
ありがとう、聖。



亀チャンの絆ドラマ…
サチコ実は原作を読んだことがあったんだけど、やっぱり泣かずにはいられなかった。
ハマちゃんが病室に写真を持って来たときには声を押し殺すのに必死でした。
凄く感動しました、ありがとう亀チャン。
アミーゴを歌う亀チャンを見て、亀チャンもいろんなロケに行きたかったんだろうなーっ
…なんて思ったことはココだけの話。



じゅんのの絆…
障害者野球チームでのコメントで涙を堪えながら必死でコメントする姿。
間平さんのところでは涙を流す姿。
サチコと一緒でとっても涙もろいじゅんの…
サチコはあなたの涙をみて更に泣かされました(;△;)
サチコ以外にもそんな人はたくさんいるはずだよ?
ありがとう、じゅんの。



竜ちゃんの絆…
竜チャンは深夜コーナーでなんとビックリ!司会を任されるというハプニングがあったり(笑)
でもサチコ、メンバーの中で自分の思ったことをしっかりと言葉で相手に伝えることが
上手いのは竜チャンだと思う。
26時間という時間、いつもに増して笑顔いっぱいで頑張った竜チャンにとても心打たれました。
ありがとう、竜ちゃん。



ゆっちの絆…
仁クンに続いて1人で早朝の1番眠い時間TVの前で頑張ったゆっち。
「あ~、凄い眠いんだろーな」ってちょっと心配になった所もあったけれども(笑)
ラブジャンクスとの絆…子ども達になつかれるゆっちの姿に、ゆっちの人柄を
垣間見ることができました。
ありがとう、ゆっち。



そして仁クンの絆…
ヒアちゃんと平原綾香さんのジュピター…
仁クンも涙を流したんだね(;△;)
始まる前までは多くの人が1番心配していたであろう仁クン。
でもサチコはこの番組を見て仁クンファンであることを誇りに思った。




深夜は子犬みたいにコロコロ表情を変えて…

VTRを見る姿はとっても真剣で…

ラブジャンクスとのダンスではすごーく優しいお兄ちゃんで…



自分のありのままでたくさんのコトを吸収しようとする仁クン
そんな仁クンの姿にサチコは目が放せなかった。
ありがとう、仁クン^^


仁クンがありのままの姿で接したからこそ拓也君は仁クンをすごく信頼していたんだと思うし
自分に自信を持つことができた。
拓也君は今までよりもまた一歩強くなれた。
仁クンは拓也君がリーダーシップをとって練習をするあのVTRをみて何を思ったのだろう??
そう考えたら涙が止まらなかった。

今日のズームインではラブジャンクスのステージ前後の舞台裏が…
ザ・ワイドでは車移動をする仁クンに駒井アナウンサーが密着してインタビューをしてたんだけど



・ラブジャンクスの楽屋を去るときにスタッフさん&保護者の方全員にお辞儀をしていく姿

・初日(26日)を終えての感想を聞かれ、しっかりと落ち着いた口調で答える姿




サチコはこの様子を見てまた泣かされてしまった。
ココ2~3日涙腺が緩みっぱなしで非常に困っております;;
体力的には絶対きついハズなのに笑顔でしっかりと対応する姿に、正直驚いた!苦笑
失礼な話だけどね…苦笑
それだけ仁クンがこの番組から得たものは大きかったんだろうな^^









そして…
KAT-TUNファンにとっては泣かされずにはいられなかったであろう“赤西仁からKAT-TUNへの手紙”
手紙を質を問うのであれば他の5人に任せた方が良かったというのは明らかですよね。
でもサチコは『仁クンが読んだ』ということに手紙の質以上の感動を与える価値があったと
思っています。
普段恥ずかしがってばかりでメンバーに対してはなかなか素直になろうとしない仁クン…笑
もーちょっと素直になれたらいいのになぁ…と思った方もいたはず。笑
(サチコもその1人です…笑)

だからこそサチコは今回だけは亀チャンでも聖でもなく…仁クンに読んで欲しかった。
きっとコレを書くにも凄く恥ずかしかったんだろうと思う。
1人1人に対するコメントも短かったし。笑
でもその短い1言1言に仁クンの思いは凄く詰っていたと思う。
メンバーにはサチコ以上に伝わったはず。
だって1番つらい時期をともに過ごしてきた仲間だもん!

マイファミリーと同じくらいメンバーのことも大切だという仁クンの思い…
そんな思いが聞けてサチコは改めてKAT-TUNというグループの絆の深さを感じました。

「個々に抱えている状況は違うけれど、泣いた分だけ…苦しんだ分だけ笑顔が待ってる」
「KAT-TUNのみんな…マイファミリー、どうもありがとう」

この言葉を仁クンの口から聞けたこと、サチコはとっても嬉しかったです。



そしてこの手紙を受けてのメンバーからのコメント…
再びサチコ号泣(;△;)(;△;)(;△;)
だって仁クンが泣きそうなんだもん!!!!泣
亀チャンのコメント…
普段はホーントお互いに対するコメントがそっけなさ過ぎる2人のお互いに対する真剣なコメント
よく仁亀は仲が悪いだのくだらんことを言っている方をよく聞きますが…
この2人は…というかKAT-TUN6人はそんな「仲の良いor悪い」で言い表せるようなお友達グループではないんだよ。
自分の目指すものがあるから、お互いを思いやるからこそぶつかり合う。
そして分かり合ったときには倍以上の凄い力を発揮する。
友達でもない…家族でもない…だけど強くて深い、切っても切れない絆で結ばれてるんだよね。
亀チャンのコメントにそれが凄く表れてる気がする。
あの2人のことだからこれからもぶつかり合っていくんだろう!笑
だけど仁亀は…KAT-TUNはそれでいいんだよ^^
これからもそんな6人のファンであり続けたいなと思いました。













KAT-TUNはサチコにとって

至上最強のグループです!!! 





スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://redtartle.blog57.fc2.com/tb.php/199-822b023c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。