■このブログについて■
ココはKAT-TUN&関ジャニ∞が大好き♡なサチコの息抜きの場所です。 
仁クンとたっちょんが大好きすぎて、少し…いやカナリ危ない年齢的には大人です(笑)
最近はKAT-TUNの某Aさんの自由すぎる決断に浮き沈みを繰り返している次第ですが(苦笑;
基本いい男には目がない雑食なので、いつ、何処で、誰に萌えているか分かりません。
日々ポジティブ&ハイテンションをモットーに書き綴っていますので、どうぞヨロシクです★
(ただ今管理人就職活動中につきゆる~く更新中です)

こんなダメサチコですが是非②仲良くしてくださいパイ…(うるうる;;
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.14 赤西仁を想う全ての皆様へ
ありがとう。。。本当にありがとう
この言葉しか出てこない。



まずは・・・
勝手といわれても仕方の無い仁君の願いを聞いてくれたジャニさん始めじゃニーズ事務所の皆様
マスコミは面白おかしく報道しているけれど、サチコは今回の件に関して最大限の真摯な
対応をしていただいたと思っています。
デビューしてまだ半年・・・
おそらくこれからいろんな活動計画を予定していただろうに仁君の勝手と取られても
おかしくない願いに耳を傾け、そっと背中を押してくれたことに感謝します。
そして「お前の戻ってくる場所はココだ」と、仁君を見捨てないでくれてありがとう
そして最後に、編集されたVTRでは分からない会見の全てをウェブに掲載してくれたこと
突っ込んだ質問も幾つかあったので正直驚きましたが、最大限赤西仁の思いを伝えようという姿勢に
とても好感を持ちました。
彼が何かを得て大きくなって帰ってきた時はまた、散々手間と心配をかけた罰としてガシガシ働かせて
やってください。




そして
サチコと同じくぶつけようのない悲しみ&怒りに押しつぶされそうなファンの皆様
目の腫れは引きましたか? ご飯は食べれていますか??
いくら自分の中で納得しようとしても仁君の顔を見ると、声を聞くとどうしても涙は止められなくて

大好きな仁君の願いだから応援したい
でもなんで?やっぱり淋しいよ・・・


頭の中は“これから仁君がみれないという悲しい気持ち”“成長したいという仁君を信じて待ちたいという気持ち”
絶えず葛藤を繰り返しとても苦しい。
たしかに仁ファンの方と他メンファンの方では思いは違うかもしれない
けれどKAT-TUNを思う気持ちはみんな同じ
1人でも欠けてはKAT-TUNではない
そーいう意味で今回の仁君の決断は正直なところファンにとっては裏切りなのかもしれない

でも普通なら絶対許してくれるはずがない事務所やメンバーを納得させるくらい強い仁君の願い
ちょっとづつでいいから受け入れてあげてもらえないかな
どうか「何考えてるの?バカじゃないの??」なんて言わないで・・・
たくさん悩んで迷って苦しんで、それでも譲れなかった願いだから

「自分は行く身だからこれしか言えない」と5人のメンバーに対する今後の声援を望む仁君
そんな素直じゃない淋しがり屋の仁君をかわらずに想い、応援しようじゃありませんか
一日中仁君のくしゃみが止まらないくらいに(笑)

メンバーが、事務所が仁君に帰る場所を空けているように私たちファンも
仁君がいつ帰ってきてもいいように、風邪をひかないポカポカと暖かい居場所を空けて待ちましょう

淋しいけど・・・つらいけど・・・・・・

私たちファンも成長して次会った時には
「ファンだって頑張ったんだぞ!」って仁君を後悔させてやるんだ!笑
少しずつ、一歩ずつでいいから一緒に前に進んでいこう
淋しくなったら空を見上げて「頑張っていますか?」って同じ空の下にいる仁君に問いかけながら
ちょっぴり泣いて、それでも一歩ずつ前を向いて来たるべきXデーに向かって進んでいこう??
明けない夜はないんだから



メンバーへは長くなるので続きに↓

最後にメンバーへ
1番辛いであろうメンバー、仁君の決意に対して真剣に向き合い背中を押してくれたこと・・・
そんなあなたたちが愛しくてたまりません



亀チャンへ
原因が仁君との確執など心無い噂がとびかって+αの部分があって精神面でもとても辛いよね??
今まで2トップと言われ続け、2人にしか分からない悩み・苦しみもあったでしょう
だからこそいつでも本気でぶつかり合い支え合い、切磋琢磨しながら並ぶ2人の姿が
サチコはこの上なく好きなのです

「理解しがたい所もあり、逆にもの凄く理解できる部分もある」
正直な気持ちを書いてくれて、その分亀チャンのKAT-TUNに対する思いの強さを感じます。
KAT-TUNを思ってくれて、仁君を必要としてくれてありがとう
本気でぶつかってくれて、まだ納得できないところもきっとあるはずなのに
仁君にYELLを送ってくれてありがとう
あえて「戻って来い」ではなく「成長を約束しよう」と言った亀チャンにもの凄く亀チャンらしさを
感じると同時に、仁君がいまどんな言葉を望んでいるのか亀チャンは分かっているんだなあ
・・・と涙が止まりません
願わくば、あなたの隣りは仁君のために空けておいてほしい
カトゥーンの『カ』はKとAが隣りにないと読めないんだ
我儘だとは分かってるけど・・・どうかお願い


亀チャンに望むこと
これから亀チャンに対する要求はますます厳しいものになるでしょう
一緒に背負うはずの仁君がポーンと放り投げて行っちゃってごめんね。
だけどきっと亀チャンは「謝るくらいなら行くなよ!」って言うよね、きっと。
だからサチコが亀チャンに望むのはコレだけ・・・
無理しないで?亀チャンは亀チャンらしく。
仁君の良きパートナーで・・・戦友でいてください



じゅんのへ
これもまた正直に自分の思いをつづってくれたじゅんのに感謝です。
デビューの時からずっと「この6人だったから・・・」とKAT-TUNがこの6人であることにもの凄く
誇りをもっているじゅんのだからこそ、やっぱり呆れちゃうよね。
それでも仁君の声にしっかり耳を傾けて、頷いてくれてありがとう
最後の最後まで声に出して「KAT-TUNはKAT-TUNです!」って言ってくれてありがとう

サチコはね?じゅんのは仁君の素直バージョンだと思うんだ^^
ちなみに仁君はひねくれバージョン(笑)
仁君って思ってても照れちゃってすぐ冗談ばっかり言っちゃうよね。
そんな時はじゅんのの声を聞いて「あー、仁君も素直になればいいのに」って思うの
いつも仁君の心を代弁してくれてありがとう ←思いこみ(笑)
そんなひねくれ者の仁君を「お兄ちゃんにしたい」「頼りになる」と慕ってくれてありがとう
なんだかんだ言って仁君だってじゅんののこと大好きなんだよ
さぶ~いギャグにも思わず噴出しちゃうくらいに(笑)


じゅんのに望むこと
じゅんのはじゅんのらしく いつも笑顔でKAT-TUNの進む道を明るく照らしてください
寒くてもいいから(笑)、じゅんのお得意のダジャレで周りをポカポカ暖かくしてください
仁君に「赤西君、僕達は今ここだよ」って教えてあげてください
じゅんの・・・頑張れ



聖へ
サチコは思った。
きっと聖はまだ納得できていない
ウェブの文章を書くときは必死で納得しようと自分を説得している最中だったんだろうな
だけど昨日のメッセージを聞いて「ひとまわりもふたまわりも成長して帰ってくるのを楽しみに待っているよ」
と優しく送り出してくれたことに聖の人柄を感じます
どんな時も仁君のことを冷静に語ってきてくれた聖はとても愛に溢れていて
そんな聖の事を仁君はいつも「あいつはスゲー」と言っていました。


聖に望むこと
これからしばらく、聖も忙しくて眠れない日々が続くでしょうが無理しすぎないで
KAT-TUNが壁にぶち当たった時には得意の明るさでメンバーに力を与えてください
そして、仁君が帰ってきた時には「え?何、全っ然成長の跡が見られないんだけど!」って
笑い飛ばしてあげてください
ビックリするほどに伸びた頭で(笑)



竜チャンへ
誰よりも仁君の思いを私たちに伝えようとしてくれてありがとう
自分も辛いのに仁君の心配をしてくれてありがとう
口に出して「お前が必要だ」って言ってくれてありがとう
竜チャンの仁君に対するコメントには何度救われたか分かりません
竜チャンはいつも仁君のことを「まっすぐ」「素直」と表現してくれて・・・
そんなひと言がすごくサチコは嬉しかったのです

「かなり淋しいけど中途半端では帰ってくるな!」
そう言って仁君を送り出してくれてありがとう
そして仁君に言葉にして「お前の居場所はココしかない」って「待ってるよ」って
私たちファン皆の思いを代弁してくれてありがとう
私たちの想いが竜チャンの言葉を通して仁君の胸に届いていることを願います

竜チャンに願うこと
離れていても仁君の心の支えであってください
そして竜チャンは竜チャンのスタイルでますます輝き続けてください
そして仁君には「まだ何も得てないの?ダッセー」とYELLを送り続けてください
もしメールが来たときにはラジオでも雑誌でも少しでも仁君の話題を出してくれると飛び跳ねて喜びます
単純なんだよファンって(笑)



ゆっちへ
誰よりも「デビューしたい」と言い続けてきたゆっちからにしたらきっと理解できなかったよね・・・
仁君の考えは。
それでも送り出そうと、そして記者会見でもしっかりと仁君のアシストをしてくれて
本当にゆっちのメンバー愛には頭が下がります
24時間で仁君が言った「誰よりもメンバーのことを考えてる」ゆっち・・・
そんなゆっちだからきっと仁君の背中を押すまでにはいろ~んな想いで苦しんだことでしょう
本当どこまでも自由な仁君でごめんね

ゆっちに望むこと
ゆっちは残された4人の心の支えであり続けてください
これはゆっちにしか出来ないこと。
そしてこれからも前に突き進み続けてください
仁君がまたKAT-TUNという居場所に戻ってきた時「あれ?中丸若返った??」って言われる位
輝きを増していってください






そしてやっぱり何回言っても言い足りない


赤西仁さん。これだけたくさんの人に応援されといて






帰ってこなかったら承ーーー知しねえっっ!!爆


スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://redtartle.blog57.fc2.com/tb.php/219-faf81a11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。